ラ ブ レ タ

 This is a Love Letter from me.

犬の十戒

2010. 01. 24. Sun
100124.jpg

OLYMPUS PEN F

わんこもコドモも一緒だなと思うのは
どちらもただ愛される存在だということ。

*

一緒に暮らす前におぼえておいてね
10数年後には つらい別れが訪れるということを

ちゃんとできてないことは じっくり教えてね

信頼されると とっても幸せだよ

長い間 腹を立てたり 閉じ込めたりしないでね
あなただけがたよりなんだから

いつも話しかけてね 言葉はわからなくても気持ちは届くから
どんな風につきあってくれたかは忘れないよ

たたかないでね
鋭い歯であなたをきずつけたくないから

叱る前によく考えてみてね
そうなる原因がなかったかを

ともに歳を重ねていく中で 私が老いてしまっても世話をしてね

最期のときは 必ずそばにいて 安心させてね

おぼえていてね
あたしが愛したことを


~ やさしい犬の十戒 ~
ワンコからのおねがい

<< お気に入り | home | キャンドルカフェ >>

comment
犬の十戒を読むと必ずウルウルしてしまいます。
愛し合い、いつかサヨナラの時が来ます。
ヤバイ・・・
もうウルウル。
masahiroSさん
先日の撮影会で同じくわんこ飼いの方とお話したときも、
過去にさよならしたわんこのことを語り合ってふたりでうるうるしました…。汗;
今は、うちの子が私を大好きといってくれるのと同じくらい、
この子を大好きでいようと思っています。
何度も何度も読んだ犬の十戒

REOちんは手術をして入院していたんだ。
最期の時にアタシはそばにいれなかった。
それが本当に心残りで・・・思い出しただけでダメ。
今もコメントしながら涙が止まらないよ。

purariの時に話をしたときに
紫織さんがREOの為に涙してくれたこと
忘れないよ・・・ありがとう。
ゆっきさん
REOちゃんは、でも、絶対絶対シアワセだったと思いますー。
こんなに大切にされて、愛されて、シアワセじゃないはずがないですよう!
REOちゃんも、最後の一瞬に傍にいれなかったことじゃなくて、それまでずーっと一緒だったことを思いながらの旅立ちだったんじゃないかな。

REOちゃんがゆっきさんのこと大好きだったこと、しっかり覚えてましょうね…!


最後にどんなに悲しいお別れが待ってるとしても多分私(たち)はわんこと一緒の生活を選択するんだろなーって思います。

でもって今は目の前のこの子を愛するのが私に出来る全部だなって思います。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

BLOG TOP